免疫能力の上昇によりガンに有効なフコイダン

癌治療のひとつ

看護師と男性の患者

樹状細胞療法は癌治療のひとつです。癌細胞に目印をつけ、体本来の免疫細胞に攻撃してもらうという治療法です。比較的最近から注目されている治療法であり、今後の研究によりさらなる発展が期待されます。

Read more

早期発見早期治療

巡回する看護婦

癌を早期発見できれば、治療できる場合が多いですが、早期発見できない場合は、様々な部位に進行してしまいます。その状態になると治療するのは難しいです。これから悪化すると末期の状態になります。

Read more

病気について相談

MRI

聴神経腫瘍は、脳腫瘍の中でも良性といわれているものです。そのため、様子を見られることもあります。近年は専門的に話を聞いてくれるサービスが出てきており、脳腫瘍外科医などが聴神経腫瘍について相談に乗ってくれます。

Read more

フコイダンの力

施術室

フコイダンは健康にとても良いということは、よく耳にするものです。しかし、何であるか、何に効果があるかということを良く理解している人はすなくのではないでしょうか。 フコイダンはワカメやコンブ、メカブなどの褐藻類という海藻のヌルヌル成分に多く含まれる天然成分です。粘質多糖類の一種で、1913年にスウェーデンの学者によって発見されました。海藻が傷を修復したり、乾燥から身を守ったりするための成分です。 このフコイダンは人間の自己免疫能力の向上や様々な疾患の治癒にも効果があることが確かめられています。現在は医療や美容などの様々な分野での研究が進められているものです。しかし、まだどのようなメカニズムで疾患などに作用するのかということがはっきりとしていない部分もあるので、これからの研究に期待が寄せられています。

海藻は海に囲まれた島国に住んできた日本人にとって、とても身近な存在です。フコイダンという成分が発見されるはるか昔から、私達日本人は海藻が健康に役立ったり、病気の改善に良いことを知っていました。 フコイダンの様々な効果の中に、ガン細胞に働きかけ分裂や増殖をストップさせる作用があることも解っています。また、血圧やコレステロールを下げたりする作用もあります。様々な効果があることが解ってきたフコイダンですが、もとになるメカブやモズク、コンブといった海藻の種類によって、構造や含有成分に違いがあります。それぞれの海藻成分の特性を理解し、複数組み合わせたり、使い分けるといった方法でより効果を高めていくことが重要です。

新しい治療法

巡回診察

免疫細胞治療とは、自分の体の免疫細胞を利用して、がん細胞を攻撃するという治療法です。この治療法の効果は、保険が適用されないですし、効果が個人差もあるので、まだ一般的な治療として行われるようになるには時間がかかります。

Read more

情報収集が大切

手術

ガンマナイフとは、放射線を照射して、腫瘍を取り除くという治療法です。この治療法はあまり普及していないのですが、癌によっては完治する場合もあります。この治療法の他にも、サイバーナイフと呼ばれる治療法もあります。

Read more

オススメリンク