免疫能力の上昇によりガンに有効なフコイダン

癌治療のひとつ

看護師と男性の患者

現在では様々な病気への研究が進められており、癌細胞研究への進展も期待されています。こうした中で新たな癌対策として期待されている方法の1つに、樹状細胞療法と呼ばれるものが挙げられます。 そもそも樹状細胞とは、免疫機能の一環として、病原となる抗原・細胞の情報や目印を得て、実際に攻撃を実行する免疫細胞群に情報伝達する役割を持つとされます。樹状細胞療法とは、体内から採取した癌細胞の情報を覚えさせた樹状細胞を大量培養して体内に戻す事で、体内の免疫機能がいち早く癌細胞情報を得て癌細胞を攻撃できる様にする事が主な狙いとされます。こうした「攻撃対象の情報を先に得て、迅速な攻撃に繋げる」仕組みが一般的なワクチンと似ている点から、樹状細胞ワクチン法と呼ばれるケースもあるとされます。 樹状細胞療法は現在、最先端医療として研究が進められている段階であるため、まだ保険適用は認められていないとされています。したがって費用もまだ割高となっており、1回の治療で数十万から数百万円単位でかかるとされます。

樹状細胞療法は比較的歴史が浅く、近年になってから注目されてきた療法です。 療法で扱う樹状細胞自体は、1970年代には既に発見されていたと言われています。一方で当時はその細胞が持つ役割までは明確になっていないともされていました。 しかし、その後に免疫機能への情報伝達という役割がある事が判明してから、癌免疫療法の1種としての活用に向けた注目度が上がっていったとされます。 樹状細胞療法は必ずしも大量生産による利益が見込める方法とは至っていなかったため、21世紀に入ってからは主に大学研究機関や専門会社における研究活動によって支えられていたと言われています。そうした中、現在では安全性を証明するための治験や医薬品承認へ向けた活動を行っているとされています。