免疫能力の上昇によりガンに有効なフコイダン

新しい治療法

巡回診察

免疫細胞治療とは癌治療の一種で、自分の体の中にある免疫細胞を利用して癌細胞を攻撃する治療法になります。ここ最近新しい癌治療の方法として免疫細胞治療が注目されておりますが、効果には個人差がありますし保険も適用されないので、実際に一般の方に広まるにはもう少し時間がかかりそうです。 ただ、投薬治療や手術と併用することが可能なので、免疫細胞治療を行うことによって癌が完治する確率も高まります。現在癌の治療を進めている方は、免疫細胞治療を受けるかどうか検討してみるのが最適です。 治療を行っているクリニックによって差はありますが、治療費は20万円から40万円程度と言われています。保険が効かない治療ということで負担が大きいですが、元気な体を取り戻すためにも試してみる価値はあります。家族とよく話し合って決断してください。

これまでのがん治療は、手術をしたり放射線を照射したり抗がん剤を使ったりといった負担の多い治療が主体でした。しかしそれによってさらに身体にダメージを与えるケースもあり、それに耐えきれず治療を断念する患者も少なからずいました。 免疫細胞治療は自己の免疫細胞を使ってがんにアプローチする治療法であり、他のがん治療より副作用が少なく身体にかける負担が少なくて済むといわれています。そしてこの免疫細胞治療は他の治療と並行しておこなうことができるため、違う治療法での回復の可能性を残しつつ利用することもできます。 さらに免疫細胞治療は初期がんはもとより、進行性のものや末期のがんの治療にも対応することができます。他にも免疫細胞治療は他の治療法の副作用の症状を軽減するともいわれています。これまでのがんの治療法と明らかに違う経過が得られるこの治療法は、もしかしたらこれからのがん治療に無くてはならないものになるかもしれません。